交通事故の慰謝料増額交渉に強い弁護士|弁護士法人ベンチャーサポート法律事務所

0120383885 メール LINE
弁護士が味方になります

交通事故被害者専門

無料相談
電話
メール
LINE
保険会社に任せていませんか?
交通事故に強い弁護士が、
慰謝料増額の交渉をいたします。

慰謝料を増やせるかどうか?

無料でお調べいたしますので
まずはお電話ください。

0120355367
0120383885
メール LINE

交通事故被害者専門の
無料相談

"被害者側専門" 交通事故に強い弁護士。
相談料0円 初期費用0円 全国対応 365日電話受付 損しない保証 電話・メール LINE対応 相談料0円 初期費用0円 全国対応 365日電話受付 損しない保証 電話・メール LINE対応
あなたが損をすることがないように、
私たちが保険会社とのやり取りを代行します!
お早めにお電話していただき、
現在の状況(症状)について教えてください。

事故後の対応アドバイスや入院・通院の注意点もありますので、なるべく早めにお電話ください。 あなたの状況・症状に基づいて「障害等級」がわかります。(まだ症状固定していない場合は目安:むちうち14級など)

後で困ることがないように、「症状ごとにすべき対処法」もお伝えします。すでに等級の提示がされた方も、 その等級が正しくない可能性や等級を上げられる可能性もありますのでまずはご相談ください。 TEL:0120-355-3670120-383-885

この等級次第で慰謝料増額することになります↓

慰謝料増額の可能性 慰謝料増額の可能性

上図で示している「自賠責基準と裁判基準の差額分」を弁護士によって増額交渉することができます。
少なくとも倍以上になっており、等級が上がるほど差額は大きく、1000万円以上の差になることもあります。

慰謝料増額できる理由 ▼

保険会社は「自賠責基準」で慰謝料を算出するため、被害者側からすればかなり低い慰謝料を提示されることが多いです。 私たち弁護士に相談していただければ、過去の裁判の判例に基づいた「裁判基準(=最大基準)」で示談金額を決めるため、この差で慰謝料が大きく変わります。

交通事故被害にあった際に請求可能な損害及び慰謝料

交通事故被害にあった場合、相手や相手側の保険会社に損害及び慰謝料請求をすることが可能です。
あなたが損をすることがないよう、しっかりと交渉することが重要です。

怪我

怪我

  • 治療関係費用について
  • 休業損害について
  • 入通院関係費用について
  • 後遺症による逸失利益について
  • 後遺症慰謝料(後遺障害慰謝料)について
詳しく
死亡

死亡

  • 葬儀関係費について
  • 死亡慰謝料について
  • 死亡による逸失利益について
詳しく
物損・その他

物損・その他

  • 車自体に生じた損害について
  • 事故で車が使えない場合 代車使用料や休車損害について
  • 車に対する損害について
詳しく

慰謝料の増額事例

事例1むちうちで80万円増額

(よくあるケースです→) むちうちで6か月通院。保険会社の慰謝料提示40万円に対して、示談交渉により裁判並みの80万円超を獲得。

事例2むちうちで500万円獲得

むちうちにより頸部等に痛みが残り、被害者請求によって後遺障害等級14級9号認定。主婦の休業損害と後遺障害逸失利益・慰謝料等により約500万円を獲得

事例3骨折で2900万円獲得

事故による骨折等の運動障害により後遺障害等級併合8級認定。既払い金を除き約2900万円を獲得

事例4等級の交渉で3000万円獲得

保険会社より、後遺障害等級12級に基づく示談提示と治療費打ち切り。弁護士の意見書を付けて被害者請求を行ったところ8級認定。最終的に約3000万円で示談成立

事例5脳神経障害で3300万円増額

事故により脳神経に障害が残り後遺障害等級7級4号認定。保険会社の慰謝料・賠償金提示1200万円に対して→後遺障害により仕事を辞めざるを得なくなったことなどを主張し、3.7倍の4500万円で示談成立

相談が多い「後遺障害」

怪我の完治が見られず、症状固定となった後に残る障害で、
医師による後遺障害診断書によって、等級認定がなされたものを 「後遺障害」 と呼びます。

【2019年版】交通事故慰謝料 自動計算機

まずは自分で計算してみましょう。相手保険会社が最初に提示してくる示談金の額はかなり低い金額(自賠責基準と言われます)であることが多いです。 被害者が合理的に増額交渉できる裁判基準(弁護士基準とも言われます)の金額をカンタンに概算できるツールを用意しましたので、ぜひ使ってみてください。

保険会社はあなたの味方ではありません

多くの方は知識がないために、保険会社に言われるがままの対応をしてしまいます。しかし、保険会社はあなたの味方ではありませんので、 「低い慰謝料の提示」「正しくない障害等級」「治療費のストップ」などであなたが損してしまう結果になりかねません。

大手保険会社であっても営利企業ですので、賠償金額を少なくするために「まだ治療の必要があるのに治療費の打ち切り」を言ってくることもあります。(※症状固定と言われてもすぐには同意しないで下さい) また、いったん治療を終えても、その後に後遺障害が残ることもあります。
このような場合、適切な交渉を行わなければ(提示よりも高額な)正しい慰謝料を受け取ることができません。しかし、個人が交渉しようとしても保険会社は取り合ってくれませんので、私たち弁護士があなたの代わりに慰謝料増額の交渉をしていきます。

費用はご安心ください

加入している保険に「弁護士費用特約」が付いていれば、弁護士費用は保険会社から支払われます。 ほとんどのケースで自己負担は0円になりますので、特約がある方は費用は気にせずご依頼ください。

弁護士費用特約について ▼

補償上限を超えるのは賠償金が数千万円以上となる稀な大事故だけですので、大半のケースで「自己負担は0円」になります。 自動車保険加入の半数以上に弁護士費用特約が付帯されているようですので、一度保険内容をご確認ください。 (ご本人以外に、同居の家族が加入する自動車保険や傷害保険等でも利用できる場合があります。ご不明な方は確認方法をお伝えしますのでお気軽にお問い合わせください)
なお、特約を使うと翌年の保険料が上がるのでは?と不安に思われる方もいらっしゃいますが、保険等級には影響せず保険料が上がることはありませんので、ぜひともご利用ください。

保険会社負担 > 特約ありの弁護士費用 ▼

弁護士費用特約があれば弁護士費用は保険会社から支払われるため、多くの方の自己負担は0円になります。(以下の費用が保険会社負担になります)

着手金と成功報酬 着手金と成功報酬

また、特約がない場合でもどうぞご安心ください。
あなたに金銭的負担がないように、相談料0円・着手金0円で初期費用はかかりません。弁護士費用は「完全後払い」で、示談後に入ってくる賠償金からお支払いいただくことになります。入ってくる賠償金額よりも費用の方が多くかかる場合は最初にお断りしますので、あなたにとってマイナスはありません。【損しない保証】
弁護士費用特約なしの場合の弁護士費用は、少しでもわかりやすくするために弁護士報酬体系(LSC)に基づいたシンプルで安心な明瞭料金にさせていただきました。

相談料0円 着手金0円成功報酬で完全後払い

特約なしの弁護士費用 ▼

完全後払い 20万円+回収額の10%

※獲得した賠償金からお支払いいただきます。

相談料=無料 着手金=無料

(内容証明郵便の文書作成、相手方との交渉など)
弁護士特約がある方もない方も、
損することはありませんので
お気軽にご相談ください。

被害者側専門3つのサポート

約束1私たちが味方になります

交通事故被害に遭われた方からよく聞くのが、「保険会社とのやり取りが面倒」「保険会社の対応に不満がある」という話です。
そんな保険会社の代わりに、専門知識のある弁護士とスタッフがあなたの心強い味方になります。専門家に任せることで精神的なストレスから解放され、ゆっくりと治療に専念することができます。

約束2あなたに損をさせません!

より高い慰謝料を獲得できるように、交通事故に強い弁護士が妥協することなく示談交渉を行います。最初の相談料・着手金は0円、費用は賠償金獲得後の後払いで安心。
費用の方が大きくなる場合は前もってお断りしますので、あなたが損することは一切ありません。

約束3広い範囲をサポートします。

事故直後の対応や治療中のアドバイス、治療費の打ち切りや症状固定時期への対応、過失割合の調査、損害賠償金額の計算、後遺障害等級の認定申請や異議申立、等級に基づいた保険会社との示談交渉や訴訟、休業損害(休業補償)の請求、車両の事故修復歴による査定減額の主張など・・・
交通事故に関するあらゆる手続きをトータルサポート! 電話・メール・LINEを活用して迅速に対応します。(メールLINEは24時間365日受付)

私たちは、被害者の方の不安が
少しでも軽くなることを最優先に考えます。

初期費用0円。損しない保証 保険会社とのやり取りを代行 なるべく専門用語を使わず説明 LINEも活用した相談のしやすさ 初期費用0円。損しない保証 保険会社とのやり取りを代行 なるべく専門用語を使わず説明 LINEも活用した相談のしやすさ

交通事故案件が豊富な弁護士ですので保険会社との示談交渉に強く、「事故ごとの交渉の仕方」や「障害等級の上げ方」などの専門ノウハウがあります。

他の弁護士は報酬につながる一部の業務しか扱わないことが多いのですが、 私たちは 『事故被害者の味方になる』という気持ちで全力のサポートをしていきます。 事故直後の対応から示談交渉・裁判まで、弁護士が必要となるあらゆる場面でお手伝い。 あなたはケガの治療と生活復帰に専念していただき、私たちに丸投げでお任せください。

交通事故に精通した弁護士です。

弁護士法人 ベンチャーサポート法律事務所

東京都中央区銀座1-10-6 銀座ファーストビル4階

保険会社とのやり取りを私たちが代行し、
最後まで妥協することなく示談交渉していきます。
事故直後にできる対策もありますのでお早めにお電話ください。

交通事故被害者専門ダイヤル

0120355367
0120383885
メール LINE
相談料0円 初期費用0円 全国対応 365日電話受付 損しない保証 電話・メール LINE対応 相談料0円 初期費用0円 全国対応 365日電話受付 損しない保証 電話・メール LINE対応

交通事故弁護士コラム

交通事故弁護士コラム新着一覧

PICK UP
交通事故で受け取った示談金は税金がかからない!課税対象になるものは?
PICK UP
【弁護士監修】事故で死亡した場合 生命保険金と示談金は両方支払われる?
PICK UP
受け取りに数年かかる?示談金を早めに受け取りたいときは?
PICK UP
任意保険会社の対応にストレス  直接やり取りしたくない場合は弁護士へ相談を!
PICK UP
交通事故で服や装飾品が破損した場合 請求するためにやること
PICK UP
【弁護士監修】もし交通事故によって会社を退職したら?支払われるお金について
PICK UP
【弁護士監修】加害者から受け取った見舞金は受け取っていい?
PICK UP
医師に書いてもらう書類「後遺障害診断書」とは
PICK UP
病院で行う検査の種類と「後遺障害等級」認定への影響
PICK UP
【弁護士監修】治療中に医師に伝えるべき大事なこと
PICK UP
通院時交通費の請求ができる基準とは
PICK UP
「診療報酬明細書」は捨てちゃダメ?
PICK UP
交通事故直後 保険会社からの同意書にサインを求められたら
PICK UP
示談交渉がこじれて「裁判」になった場合の流れ
PICK UP
交通事故による「後遺障害慰謝料」 3つの基準と増額の交渉ポイント
PICK UP
「休業損害」 計算方法と押さえるべきポイント!家事も対象?
PICK UP
後遺障害等級の認定結果が出たら知っておきたい「併合」と「相当」
PICK UP
後遺症と後遺障害の違い|弁護士が教える!忘れずに申請すべき後遺障害等級2つの手続き
top