病院で行う検査の種類と「後遺障害等級」認定への影響 – 交通事故に精通している弁護士法人ベンチャーサポート法律事務所

0120383885 メール LINE
交通事故に精通している弁護士法人ベンチャーサポート法律事務所 > 交通事故弁護士コラム > 後遺障害 > 病院で行う検査の種類と「後遺障害等級」認定への影響

病院で行う検査の種類と「後遺障害等級」認定への影響

交通事故で怪我をしてしまい病院に通院し始めると、症状によって様々な検査を受けることになります。

病院で行う検査にはどのような種類があるのでしょうか?

MRI検検査とは

交通事故の怪我でよく実施される検査で重要なものにMRI検査という検査があります。

MRIは、英語ではMagneticResonanceImagingという装置、日本語でいうと磁気共鳴画像診断装置という装置の頭文字を略してつけられた名称です。

MRI検査では、患者が強力な磁石でできた筒状の装置にはいって、磁気の力を利用して体内の状況を画像で映し出し、疾患の具合を検査します。

交通事故では、椎間板や神経に損傷がある場合が多いのですが、これらの状態は外からは確認ができないので、画像診断で確認することになります。

後遺障害等級認定の資料として重要

後遺障害慰謝料を受け取るためには、自賠責事務所に後遺障害等級認定申請をする必要がありますが、自賠責事務所では被害者との面談などは行わずに提出書面のみで審査をします。

MRI画像は客観的に傷害の具合がわかりますので、特にむち打ちなどの症状では非常に審査に重視される資料となります。

最後に

いかがでしたでしょうか。

レントゲンと並んで後遺障害等級認定で重視される検査であるMRIについてご参考になれば幸いです。

保険会社とのやり取りを私たちが代行し、最後まで妥協することなく示談交渉していきます。事故直後にできる対策もありますのでお早めにお電話ください。 保険会社とのやり取りを私たちが代行し、最後まで妥協することなく示談交渉していきます。事故直後にできる対策もありますのでお早めにお電話ください。

交通事故被害者専門ダイヤル

0120355367
0120383885
メール LINE
相談料0円 初期費用0円 全国対応 365日電話受付 損しない保証 電話・メール LINE対応 相談料0円 初期費用0円 全国対応 365日電話受付 損しない保証 電話・メール LINE対応
top