【弁護士監修】もし交通事故によって会社を退職したら?支払われるお金について – 交通事故に精通している弁護士法人ベンチャーサポート法律事務所

0120383885 メール LINE
交通事故に精通している弁護士法人ベンチャーサポート法律事務所 > 交通事故弁護士コラム > 交通事故予備知識 > 【弁護士監修】もし交通事故によって会社を退職したら?支払われるお金について

【弁護士監修】もし交通事故によって会社を退職したら?支払われるお金について

交通事故の程度によっては、怪我の影響で今の仕事が続けられなくなってしまうという可能性もあります。こうした場合で、本当に退職になってしまった場合は、どのような補償を加害者から受けることができるのでしょうか。

休業損害や逸失利益を請求できる

仕事の性質や雇用主によっては、怪我の影響でこれまでの仕事が続けられなくなり、解雇されたり自主退職せざるを得なくなったりすることも起こりえます。

たとえば、肉体労働の方が足の怪我などで体が動かせ無くなるようなことが一例です。
この場合、怪我の程度と、そのまま仕事を続けていたらえられていたであろう収入に応じて、慰謝料を請求することができます。

症状固定前に退職せざるをえなかった場合は、休業損害を請求できますし、症状固定後であれば、後遺障害慰謝料の逸失利益を請求することができます。

なお、怪我の影響だけではない退職理由であれば、満額は請求できない場合があることに注意しましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか。

交通事故の怪我の影響で会社を退職しなければならない場合、ぜひ休業損害や逸失利益の請求を検討してみましょう。

保険会社とのやり取りを私たちが代行し、最後まで妥協することなく示談交渉していきます。事故直後にできる対策もありますのでお早めにお電話ください。 保険会社とのやり取りを私たちが代行し、最後まで妥協することなく示談交渉していきます。事故直後にできる対策もありますのでお早めにお電話ください。

交通事故被害者専門ダイヤル

0120355367
0120383885
メール LINE
相談料0円 初期費用0円 全国対応 365日電話受付 損しない保証 電話・メール LINE対応 相談料0円 初期費用0円 全国対応 365日電話受付 損しない保証 電話・メール LINE対応
top