交通事故で服や装飾品が破損した場合 請求するためにやること – 交通事故に精通している弁護士法人ベンチャーサポート法律事務所

0120383885 メール LINE
交通事故に精通している弁護士法人ベンチャーサポート法律事務所 > 交通事故弁護士コラム > 慰謝料・示談金・賠償金 > 交通事故で服や装飾品が破損した場合 請求するためにやること

交通事故で服や装飾品が破損した場合 請求するためにやること

交通事故被害に巻き込まれた場合、破損しうるものは、乗っていた自動車に限りません。

大きな衝撃を受けますので、身につけていた服、めがね、アクセサリー、時計などの装飾品が壊れてしまうということも考えられます。

この記事では、そうした場合に損害賠償請求をするにはどうすれば良いか、ということをご説明します。

損害賠償請求するには証拠が必要

交通事故の影響で服や装飾品が壊れた場合は、損害賠償請求の対象にはなります。

時計や装飾品などは、ブランド物など高価なものをありますので、きちんと請求したいところですよね。

注意が必要な点としては、交通事故被害での損傷であるということを、被害者本人が証明する必要があるという点です。

事故直後に損傷した現物の写真をとっておいたり、購入時の領収書など価格を証明できるものがあれば用意したり、書類の用意を怠らないようにしましょう。

被害者としては当然損害賠償請求の対象となると思って何も準備はいらないと思いがちですが、場合によっては任意保険会社から事故との因果関係が不十分といわれてしまいますので、注意しましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか。交通事故で服や装飾品が破損した場合、請求のために被害者がやるべき事項についてご理解いただければ幸いです。

保険会社とのやり取りを私たちが代行し、最後まで妥協することなく示談交渉していきます。事故直後にできる対策もありますのでお早めにお電話ください。 保険会社とのやり取りを私たちが代行し、最後まで妥協することなく示談交渉していきます。事故直後にできる対策もありますのでお早めにお電話ください。

交通事故被害者専門ダイヤル

0120355367
0120383885
メール LINE
相談料0円 初期費用0円 全国対応 365日電話受付 損しない保証 電話・メール LINE対応 相談料0円 初期費用0円 全国対応 365日電話受付 損しない保証 電話・メール LINE対応
top