【弁護士監修】事故で死亡した場合 生命保険金と示談金は両方支払われる? – 交通事故に精通している弁護士法人ベンチャーサポート法律事務所

0120383885 メール LINE
交通事故に精通している弁護士法人ベンチャーサポート法律事務所 > 交通事故弁護士コラム > 慰謝料・示談金・賠償金 > 【弁護士監修】事故で死亡した場合 生命保険金と示談金は両方支払われる?

【弁護士監修】事故で死亡した場合 生命保険金と示談金は両方支払われる?

交通事故被害の最たるものは死亡事故ですが、このような場合、被害者の遺族は生命保険金と示談金をどちらも受け取ることができるのでしょうか?

どちらも保険金という名目なので、控除されるのではないかとご心配な方もいらっしゃると思いますので、この記事では生命保険金と示談金の関係についてご説明します。

生命保険金と示談金は両方受け取ることができる

結論から言うと、交通事故被害で死亡した方が生命保険に加入していた場合、生命保険金と示談金は両方受け取ることができます。

生命保険金と示談金は、目的も支払い元の保険会社も全く違うものですので、相互に影響はしあわず、被害者の遺族としてはどちらも満額請求することができます。

生命保険は、被保険者である被害者が生命保険会社に対し、万一に備えて保険料を支払い積み立てていたお金です。

一方、示談金は、加害者が被害者に対して、民法上の不法行為により死亡させてしまったことへの損害賠償金であり、自賠責保険や加害者の任意保険会社から支払われるものです。

生命保険金を受け取ったからといって、示談金から減額や控除されるわけではありませんので、安心してください。

最後に

いかがでしたでしょうか。事故で死亡した場合には、生命保険金と示談金が両方支払われることをご理解いただければ幸いです。

保険会社とのやり取りを私たちが代行し、最後まで妥協することなく示談交渉していきます。事故直後にできる対策もありますのでお早めにお電話ください。 保険会社とのやり取りを私たちが代行し、最後まで妥協することなく示談交渉していきます。事故直後にできる対策もありますのでお早めにお電話ください。

交通事故被害者専門ダイヤル

0120355367
0120383885
メール LINE
相談料0円 初期費用0円 全国対応 365日電話受付 損しない保証 電話・メール LINE対応 相談料0円 初期費用0円 全国対応 365日電話受付 損しない保証 電話・メール LINE対応
top